• ホーム
  • トリキュラーの使い方と副作用まとめ

トリキュラーの使い方と副作用まとめ

カメラを持って笑っている美少女

トリキュラーには、21錠タイプのトリキュラー21と28錠タイプのトリキュラー28の2種類あります。
トリキュラー28は、成分のないプラセボ錠が7錠入っています。
服用方法は、生理初日から、1日1錠を毎日同じ時間に服用します。
21錠タイプでは、21日間飲んだ後、7日間服用を休んで、次のシートに移ります。
28錠タイプは、1シート飲み終えたら、引き続き次のシートを飲み始めます。
トリキュラーは3相性ピルで、成分が3段階に変化しています。
赤褐色が6錠、白色が5錠、淡黄褐色が10錠で、28錠タイプにはさらに大きい白色のプラセボ錠が7錠ついています。
シートに番号が記載されているので、順番を間違わないように注意が必要です。

トリキュラーの副作用として報告されているのは、不正出血、乳房痛、頭痛、吐き気、嘔吐などです。
飲み始めに、何らかの不快な症状を感じるケースは多いものの、通常は2シート目、3シート目と進むにつれて症状がなくなります。
これは、ホルモンの変化に身体が慣れたからだと考えられますが、副作用が強い場合や、いつまでも続く場合には、医師に相談して別のタイプの低用量ピルに切り替えるとよいでしょう。

この他、重大な副作用として血栓症があります。
血栓症は、血液の塊ができて血流が妨げられる病気で、重篤になると命に関わることもあります。

ただし、発生は非常にまれで、処方前に医師の診断を受けることで、リスクはかなり取り除くことができます。
継続して服用する場合には、定期的に検診や血圧測定を受けるようにしましょう。

また、万が一、手足の急激なしびれや痛み、激しい頭痛、胸の痛みなどの症状があれば服用を中止して医師の診断を受けてください。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ